開催日2015/12/5(土)、2015/12/6(日)
時間各 9:30~16:30
申込期間2015年09月10日(木) 〜 2015年12月03日(木)
申し込みは締め切りました

セミナー・講演会内容

【講師より】
本研修では,うつ病に対する認知行動療法の中でも、具体的な生活改善を通して気分を改善するアプローチである「行動活性化療法」の面接スキルを学びます。認知再構成法などで認知変容を試みてもうまくいかないケースの中には、認知変容の前提となる生活体験が不足していたり、生活基盤が弱まっているケースも数多く含まれています。クライエントになじみの薄い専門用語を使わなくても、当たり前のように、ごく自然と、うつ病からの回復をサポートできる。そんなカウンセラーを目指す方のための、2日間実践型ワークショップです。

講演会種別 会員 / 公開
開催地区三重
受講資格日本産業カウンセラー協会会員および非会員
※その他の欄の【参加条件について】もご確認ください
講師名高橋 史(たかはし ふみと)
信州大学准教授 専門行動療法士 臨床心理士
会場

三重県総合文化センター セミナー室C
三重県津市一身田上津部田1234

受講料会員:15,550円 非会員:23,320円
定員数40 名
ポイント5ポイント×2回
申込先 三重事務所
Tel:059-213-6960
その他

最少開催人数:17名

※その他【参加条件について】
三重地区の認知行動療法は、実践編として開講します。すでに会員研修、シニア講座等で、認知行動療法の基礎的な知識(基本用語・基本原理)を理解していることを前提に研修を進めていきます。初めて認知行動療法を学ばれる方は推薦図書を必ずご一読の上、ご参加ください。

【推薦図書】
『実践家のための認知行動療法テクニックガイド』
鈴木伸一・神村栄一著(北大路書房)

 

会場所在地

三重県総合文化センター セミナー室C
三重県津市一身田上津部田1234